損保が提供する自動車保険の選び方の失敗例と成功例

自動車を運転する時には、自動車購入時や車検の時に強制的に加入させられる自賠責保険があります。しかしこれは人に対してしか保障しませんので、対物保障などの場合は任意保険に入らなくてはなりません。この任意保険、今までは代理店などの対面型販売が主流でしたが、昨今CMなどで話題のダイレクト型販売も人気となっています。保険料が安いのはダイレクト型ですが、果たして保険料の安さだけで選んで良いものなのでしょうか。反対に対面型販売のメリットはどのような点にあるのでしょうか。以下、各保険へ加入した場合の失敗例と成功例をもとに、損保の自動車保険を対面型とダイレクト型に分けて比較しながら説明していきたいと思います。加入する際は参考にしながら良いと思う方法で加入するようにして下さい。

対面型自動車保険を選んだ場合は?

損保の対面型の自動車保険は、なんといっても手厚いことがメリットです。それは保障だけにとどまらず、手続きの面でも言えます。加入する際や更新時期なども手続きがそれほど煩雑ではないです。さらに、過失を犯した・巻き込まれた場合も対応が良い場合が多いです。実際にこのような場面に遭遇した場合はたいていの人はあせってしまいがちです。しかし、そのような場合でも保険会社の人におまかせしておけば安心。きちんとした対応をとってもらえた場合は、その保険に加入して成功と言えるでしょう。しかし、対面型ゆえに営業トークに乗せられあれもこれもと無駄な特約をつけてしまいがちです。実際に不慮の災難にあっても必要なかった特約があれば、それだけ保険料の無駄になり失敗例と言わざるをえません。

ダイレクト型自動車保険を選んだ場合は?

損保のダイレクト型の自動車保険は、保険料の安さが売りです。自動車保険のほとんどは掛け捨てなので、保険料の安さは重要です。また損保に限らず、他の保険でもネットで直接加入するタイプが多くなってきています。これは、保険外交員と対面しないことで、無駄な特約をつけなくても済むというメリットがあります。特に断りづらい人はこのようにダイレクト型で加入する方が良いのかもしれませんね。反対に、安かろう悪かろうというわけではありませんが、何かあった時の対応などが不親切な会社もあります。自動車保険は万が一に備えて加入しているのに、その万が一の対応が悪ければ加入する意味が薄くなってしまいます。このような保険への加入は失敗例です。保険料の安いすべてのダイレクト型の損保が対応悪いわけではありません。加入時にどのような場合は保障してくれるのか、加入者自身がきちんと判断することが大切です。